FC2ブログ
2019/01/21

万病に効く飲む温泉水「桜島 活泉水」

桜島 活泉水は、今なお活発な活動を続ける鹿児島県桜島の火山層地地下700mからくみ出される温泉水で昔から「万病に効く温泉水」として地元の人々から重宝されてきました。

現代では、この水ならではの優れ性質は昨今の厳しい生活環境の中に身を置く人々の体の変調に働きかける水として喜ばれています。

現代の健康医学では「水は6番目の栄養素」と専門科が指摘するほど水摂取の重要性は高まりを見せ始めています。
活泉水を飲む前に…を読むと水の重要性がわかります。
  • 水分子がきわめて小さいので細胞への浸透力がスムーズ
  • pH9.0前後の高アルカリ水なので酸性に傾きがちな源田人の体をサポート
  • 油とも混ざる特別な性質で血液中の余分な脂肪に働きかける
  • ミネラルバランスが人間の体液と似ているので馴染みやすい

コメント

非公開コメント